ジャナークコラム

ワイルドフラワーエッセンスのサロン活用例~祖師ヶ谷大蔵 深呼吸さんインタビュー~

2021/05/11

今回は、東京の祖師ヶ谷大蔵にあるボディケアサロン「ナチュラルリラクゼーション 深呼吸」さんへインタビュー取材しました。
 
<お話を伺った方>

  • 深呼吸 オーナーさん(50代 男性)
  • セラピストの津堅さん(30代 女性)
  • セラピストの山本さん(20代 女性)
  •  
    ワイルドフラワーエッセンスを取り入れた経緯や普段の施術でのこと、ご自身で行っているセルフケア。そしてオーナーさん視点での工夫やブランド作りについてなど、普段は聞けないようなお話を色々伺いました。
     

     

     

    1.ワイルドフラワーエッセンスとの出会い

     
    ジャナーク:本日はどうぞよろしくお願いいたします!早速ですが、まずは、セラピストである津堅さ・ん山本さんのお仕事の経歴について教えてください。
     
    津堅さん:「私は施術者として働き始めて今年で10年になります。タイマッサージやアロマ、リフレクソロジーといったボディケアを色々な店舗で経験しました。深呼吸で働き始めて3年目です。
     
    以前は、タイマッサージとアロマのお店で働いていたのですが、忙しいお店でハードワークが続いていました。その時に、自分の身体のために何かできることはないかと思った時に、たまたま見つけたのがジャナークのクリームでした。
     
    その後、シンシアガーデンというお店でワイルドフラワーエッセンスのトリートメントを受けたらとても良かったので、セルフケアに取り入れてみました。
     
    良さを実感して1年ほどセルフケアを続け、その後、エデュースアカデミー(※)の入門講座を受けました。
    そこで、深呼吸を紹介してもらい働き始めました。」
     
    (※)ワイルドフラワーエッセンスの使い方サポートの一環としてセルフケアが学べる場所。今は、オンライン講座を毎月行っています。
     

    津堅さん
     

    山本さん:「私は、リラクゼーション業界で働き初めて5年ほど経ちます。深呼吸が3店舗目、携わって2年目です。以前働いていた時は、タイマッサージとベッドトリートメントを主にやっていたのですが、腰を悪くしてしまったんです。
     
    そこで、自分の身体に負担をかけずにお客様へ結果を出せる方法を再考していたところ、ワイルドフラワーエッセンスに出会い、今に至ります。
     

    山本さん
     
    ジャナーク:お二人ともワイルドフラワーエッセンスを自分で使って良さを実感して、施術者として提供する側になったということですね。
     
    津堅さん&山本さん:「そうですね。」
     
    オーナーさん:「例えば、今後セラピストを増やしましょうとなった時も、ワイルドフラワーエッセンスを取り入れている以上、良さを自分の経験として実感されている方でないと難しいと思っています。
     
    なぜなら、ワイルドフラワーエッセンスは本当に自分が体感していいと思っていないとお客様におすすめできないからです。
     
    お店では、タイ古式マッサージやアロマも提供していますが、それが簡単だという訳ではありません。ただ、ハードスキルなので学ぶことができるんですよね。その点、ワイルドフラワーエッセンスは少し特殊というか、ソフトスキルが必要になってくると思っています。」
     

    2.実生活で愛用しているワイルドフラワーエッセンスは?

     
    ジャナーク:それは本当にそうなんですよね。ちなみに、オーナーさん含めてみなさんも普段からワイルドフラワーエッセンスを取り入れていると思うのですが、お気に入りのアイテムやその使い方などを教えてもらえませんか?
     
    津堅さん:「私は、リリースバスAがすごい好きです。リリースバスAを入れたお風呂に入ると、20分くらい経つと「全部出たな」とすっきりします。
     
    クリームならスムーサークリームが好きです。忘れられないのが、昔、エデュースアカデミーでスムーサークリームを使った講座を受講したんですが、その後家に帰ったら、すごくスッキリしていたんです。「あれ?痩せた!?」と思ったくらい!それ以来、好きです。」
     

     
    山本さん:「私は、スキンラスタークリームオーラスプレー・飲用エッセンスのハイブリッド・ピンク・フェアリー・オーキッドが好きです。
     
    元々、寝ている時にすごく頻繁に夢を見るタイプで、起きた時にスッキリしていない感じがすることがありました。ところが、スキンラスタークリームを塗ってから寝ると、しっかり寝られたという実感が得られます。
     
    オーラスプレーは頭に使うことが多いです。考え事をしてしまう夜や、頭で色々考えてしまった時はリセットするための儀式のように使っています。いい意味で何も考えられなくなります。
     
    ハイブリット・ピンクフェアリー・オーキッドは、取り入れはじめてから、小さいイライラやストレスが気にならなくなってきました。例えば、以前は、電車の中の人の出入りや音が気になることが多かったのですが、「そういえば最近電車に乗っても気持ちがザワザワしなくなってきたな」という感じで気づいたら…みたいな。」

     

    オーナーさん:「私はスキンラスタークリームを寝る前に使っています。足裏からふくらはぎまでマッサージしています。あとは、手や腕にも。
     
    元々足のむくみがあったんですが、毎日塗っていたからか、血行がよくなってむくみが取れてきました。
     
    あと、肩が上がらなかったんですけど、それも改善されてきましたね。クリームを塗る以外に、肩回しをしたりもやっていましたので、相乗効果だとは思うのですが。
     
    あとは、喉のアレルギーが酷かったんですけど、スムーサークリームを毎日夜喉のところに塗ってたら、良くなった気がしますね。」
     

    3.男性オーナーが語る「男もセルフケアが必要な理由」

     

     
    ジャナーク:そうなんですね!なかなか男性で毎日クリームを塗ってセルフケアしているという方はいないと思うのですが、なぜ毎日実践できるんですかね?
     
    オーナさん:「誤解がないように言っておくんですけど、私はかなりの三日坊主なんですよ。ところが、これだけは続いているんです。それは、実感があるからなんですよね。
     
    「やめたらまた元に戻る」と思うんですよ。むくみも肩が上がらないのも辛いから、またそうなったら嫌なんです。だから続いているんですよね。やっぱり効いていると思っているんです。
     
    良さを体感しているから、お店でも取り入れようと思いますし、人にも勧めるんですよ。
     
    あとは年齢もあるかもしれませんね。私は50代ですが、本当に身体の不調が色々出始めるんですよ。そういうところとワイルドフラワーエッセンスに出会うタイミングがたまたま合ったんでしょうね。」
     
    ジャナーク:身体の不調が出始めたタイミングとちょうど合ったんですね。
     
    オーナーさん:「そうなんです。気合で乗り越えられなくなってきたんですよね。私はストレスなんて何も感じていなかったつもりですけど、ストレスってあったんだなと思いました。」
     
    ジャナーク:フラワーエッセンスは、女性だけでなく男性にも使っていただきたいと思っているんですが、「クリームを塗る」動作一つとっても、習慣に元々ないので難しいんだろうなと思っているんですけど・・・
     
    オーナーさん:「やっぱり身体の不調が出てくると必要に駆られてくるんですよ。例えば、肌の乾燥。30代・40代までは全然気にならなかったんですが、50歳過ぎるといつの間にかすり傷ができていたりして…そうなってくると何か塗らないといけなくなるわけですよね。
     
    前までは、馬油とか違う保湿剤も塗ったり、併用もしていました。ただ、今はもうワイルドフラワーエッセンスだけですね。やっぱり効果が実感できるので、「もうこれだけでいいや」という感じになります。」
     
    ジャナーク:そうなんですね。男性で使ってくださっている方は珍しいなと思っていたのですが、納得しました。やはり不調が良くなった、という体感があるからなんですね。

     

    4.ワイルドフラワーエッセンスの導入で生まれたお客様との信頼関係

     

     
    ジャナーク:続いてお店での活用方法について教えてください。
    深呼吸さんはワイルドフラワーエッセンスを取り扱う前は、タイ古式マッサージとアロママッサージを提供していたと思いますが、何がきっかけでワイルドフラワーエッセンスを取り扱うようになったのでしょうか?

     
    オーナーさん:「以前、深呼吸で働いていたセラピストが、ワイルドフラワーエッセンスのファンだったのがきっかけです。
     
    昔は別のオーナーだったのですが、その時は、「アロマ60分」とかお客様がやりたいメニューが決まっていてそれに応える、というスタイルでやっていました。
     
    しかし、オーナーが私に変わりまして、「深呼吸」というブランドをどう作っていったら良いのか今一度考えた時に、【お客様の本当の健康をサポートする】ということをお店の軸にしようと決めました。
     
    その時に、「自分たちの施術とワイルドフラワーエッセンスを組み合わせて、今悪いところを良くしていく・助けていく」ことを取り入れようと思いました。お店のブランド作りです。
     

     
    例えば「ボディ60分」とか初めから決まっている場合は、お客様とコミュニケーションを取る時間も機会もないですよね。
     
    ところが、ワイルドフラワーエッセンスを使って本当の健康をサポートするとなると、お客様とコミュニケーションが必然的に発生するので、悩みを打ち明けてくれたりします。そうすると、信頼関係が生まれてリピートに繋がるんです。
     
    ジャナーク:なるほど。そういった想いもあったのですね。ただ、お客様側からしたら「疲れを取ってもらう」というところだけでいい、そこまでのコミュニケーションはいらないという人もいそうですが、そのあたりどうでしょうか?
     
    オーナーさん:「そういう意味では、「疲れを取ってあげる」というところはぶれていないつもりです。ただ、従来だと、どうやって疲れを取るかをお客様が決めますよね?「アロマ60分」とか。
     
    しかし、そうではなくて「あなたのこの疲れの根源はこういうことですよ。そして疲れを取るにはこういうメニューがいいですよ。お任せください。」とご提案できるのが大切だと思っています。」
     
    津堅さん:「初めての方でも、フラワーエッセンスのメニューを見て「何これ?」と興味を持ってくださり、オーダーメイドでお任せくださる方も結構いるんですよ。」
     
    ジャナーク:へぇ!そうなんですか。それは嬉しいですね。
     
    オーナーさん:「施術者側が自信を持っておすすめしているのがお客様に伝わるんだと思います。やっぱり、こちら側がよく分かっていなかったり説明できないと、お客様は「アロマ」とか分かりやすいメニューをオーダーされるんだと思いますよ。」
     

    5.ワイルドフラワーエッセンスのメニューを提案する時に大切にしていることとは?

     
    ジャナーク:なるほど。施術には具体的にどのように取り入れているんでしょうか?タイ古式マッサージやアロマのメニューもある中で、お客様への提案などで工夫されていることがあれば教えてください。
     
    山本さん:「例えば、「身体が凝っているので伸ばしたいんです」と、タイ古式マッサージを選ばれても、実際に初めてみると、身体にすごく力が入っていて、緊張して凝り固まっている方もいるんです。
     
    そうなると、タイ古式マッサージでは十分に結果が出せないかもしれないので、まずはリラックスしていただくことが先決だな、ということがあるんです。
     
    その時は、ワイルドフラワーエッセンスでまずは深くリラックスすることを提案する場合もあります。」
     

     
    津堅さん:「最初のカウンセリングでお話を聞いて、”こういう感じかな?”と予測を立ててはじめます。そのあと触ってみて「やっぱりそうだった」ということもよくあるのですが、カウンセリングの時に言われなかった疲れが触っていると分かってきたりします。
     
    施術している中で「あれ?もしかしてワイルドフラワーエッセンスの方がいいのかな?」と感じるというか。経験則的なところもありますね。」
     
    津堅さん&山本さん:「やはり、お店のコンセプトとして【お客様の本当の健康をサポートする】というのがありますので、そこを大事にしながらメニューを提案します。辛いところをカウンセリングしながらですね。お客様のご希望もありますから、いい塩梅でできればと思っています。」

     

    ジャナーク:オーダーメイドでお任せの方も多いということですが、ワイルドフラワーエッセンスのメニューを選ぶお客様はどんなお悩みの方が多いのでしょうか?
     
    津堅さん:「頭痛持ちの方が結構いるかもしれません。ただ、その頭痛も首肩のコリから出ていたりと色々ですので、その方にあったご提案をしています。」
     
    山本さん:「”生理前だから来ました”という方もいます。PMSとか色々なお悩みがあってのことだと思うのですが、生理前にワイルドフラワーエッセンスのトリートメントを受けるとスムーズにいくから、ということです。」
     

    6.セルフケアの提案が課題。【本当の健康をサポート】するためには?

     
    ジャナーク:そうやって自分のお悩みを軽くするキッカケにしてもらえるのは嬉しいですね。ところで、深呼吸さんでは、ワイルドフラワーエッセンスを使ったセルフケアの提案もしていると思いますが、そこでは、どのようにしているんでしょうか。
     
    オーナーさん:「セルフケアの提案もしています。ただ、ここが一番難しいところですね。なぜなら、みなさん基本的には”疲れを取ってほしくて、癒されに来店されているから”です。
     
    あとは、「セルフケアを勧める状態になれる人」というのがいると思っています。どういうことかと言うと、完全に信頼関係が築けている方です。ある程度プライベートなことも話せる関係になっているというのが大切なんです。
     
    そうなると、リピートしてくださるようになりますよね。すると、深呼吸が「本当の健康をサポートしてくれるところ」になるんです。
     
    そうなった方たちに対してセルフケアをお勧めしているというか、こうすると楽になりますよとお伝えしているというのが現状です。信頼関係だと思います。」
     

     

    ジャナーク:なるほど。そうかもしれませんね。ちなみに、セルフケアを継続して行っているお客様はいますか?いらっしゃる場合は、お店でのボディトリートメントも変わらず受けているのでしょうか?
     
    津堅さん&山本さん:「継続してセルフケアされている方も沢山いらっしゃいます。ただ、段階がある感じです。
     
    がっつり毎日必ずやりますという方は数えるくらいでしょうか。すぐお客様の顔が浮かびます(笑)。そういう方は、クリームも一番大きいボトルをご購入されていきますね。
     
    次は、毎日ではないけどセルフケアのベースに使っている方。「忘れることもあるけどやっぱりやるといいよね」という方が多いです。肩こりや腰痛など特定のお悩みがあって、それに対してアイテムを使っているという感じだと思います。お店ではアクティブクリームが一番人気なんです。スッキリするという方が多いですよ。
     
    最後は、気が向いたらセルフケア用にアイテムを買っていくという方。オイルも使うしフラワーエッセンスも使うというように、お化粧品が好きな感じの方ですかね。」
     
    ジャナーク:どの段階の方も定期的にトリートメントには来るんですか?
     
    津堅さん&山本さん:「そうですね。お店にはみなさんリピートして来てくださります。」
     
    ジャナーク:セルフケアの効果は津堅さん・山本さんから見た時に感じられますか?
     
    津堅さん:「はい。まず、お客様の目が違ってきます。表情が変わるので、「あ、セルフケアやっているんだな」というのが分かります。そして、身体も何もしていない時より良い状態だし、本人の体感としてもいい感じというのが分かっています。」
     
    山本さん:「あとは、緩むのが早いのでわかります。ベースにセルフケアをやっている人の方が施術中、緩んだり、身体が温まったりするのが早いです。逆に、やってない方も分かります(笑)。
     
    ワイルドフラワーエッセンスだけでなく、運動をはじめましたとかお風呂に入るようになりましたとか、他のセルフケアをはじめていたりすると、それもしっかり感じます。」
     

     

    ジャナーク:なるほど。お客様も施術者側もしっかり変化がわかるのは嬉しいですよね!
    そんな一方で、通常、ボディケアサロンは、「マッサージを受け続けてもらうことで健康を維持したり身体の不調を楽にする」という考え方だとも思います。セルフケアを提案するのはオーナーさんからすると、どのような利点があると思いますか?

     
    オーナーさん:「ワイルドフラワーエッセンスのセルフケアを提案することで【みなさんの本当の健康をサポートします】というお店のコンセプトが代弁できるんです。
     
    お客様が「自分のためにカスタマイズしてくれているんだ」というのが視覚的にわかるというのがポイントの一つだと思います。施術オンリーだとそこがなかなか見えないんですよ。
     
    例えば、タイ古式マッサージだったら、上半身が悪い人と下半身が悪い人では施術を変えていますが、お客様からするとその違いはまず分からないでしょうし、こちら側もどう受け取られているか分からないところもあります。
     
    ところが、セルフケアを提案することで「今この瞬間の疲れを取るだけじゃないんだよ」ともっと寄り添った姿勢になるんです。
     
    リピーターさんも確実に増えました。特に今このような状況化でリピーターさんでお店の営業が成り立つのは双方安心でもあります。」
     

    新業態?今後のお店の目標

     

     
    ジャナーク:たしかにそうですね。ありがとうございます。
    では、最後になりますが、今後のお店の展開や目標があれば教えてください。

     
    オーナーさん:「健康をテーマにした時に、お客様にどう寄り添っていけるのかはより突き詰めていきたいです。
     
    トータルで色々なものを提供できて、より楽な身体・より健康な身体になるというのを全面に打ち出し、実現していきたいです。
     
    そうなると、ボディケアサロンではなく、新たなジャンル・業態になるようにも思っていて、そこを何と言ったらいいのかは分からないのですが…。
     
    だからアロマとかのメニューも継続してやっていきますし、中身をもっと濃くしていきたいです。
     
    そして、ワイルドフラワーエッセンスで楽になったという体験をしてもらいたいですし、その流れで自然とお店のファンになってもらえたら嬉しく思います。是非、トリートメントを受けに来ていただきたいです。」
     
    ジャナーク:お話伺っていたら私もトリートメントを受けに行きたくなりました!
     
    津堅さん&山本さん:「是非!お待ちしています。みなさんもお近くの方いらっしゃいましたら、是非一度、深呼吸へワイルドフラワーエッセンスのトリートメントを受けにいらしてください!
     
    ※本文中の体験談は、個人の感想であり、効果には個人差があります。
     
    ——

    取材を受けてくださった深呼吸の津堅さん・山本さん、そしてオーナーさん。お忙しい中、貴重なお時間とお話をありがとうございます!
     
    東京の祖師ヶ谷大蔵にある深呼吸さん、ご予約やお問い合わせはこちらからどうぞ。

    初めての方へ

    商品の選び方

    商品のご使用方法

    花カード診断

    雑誌掲載アイテム

    Janarkコラム

    ワイルドフラワーエッセンス セルフケア講座

    お取扱いサロン募集のご案内