ジャナーク・ジャパンはオーストラリアのリビングエッセンス社の正規輸入総代理店です。

Janark top > フラワーエッセンスのご使用方法

フラワーエッセンスのご使用方法

アクティブクリームの使い方

アクティブクリームを塗ったり、経絡(気の流れ)に沿ってマッサージをしたり、ツボ押しをして使います。

使い方詳細

足裏

足裏

足裏全体にクリームを塗って、全体をマッサージします。

疲れた足をほぐして、足裏反射区を刺激して体全体の活力を上げます。

足裏反射区

内臓や筋肉、骨格などの体全体の縮図。 例えば反射区の「胃」の場所を刺激すると、人体の中の胃の働きも活発になるという仕組み。

足の指や甲

足の指や甲にクリームを塗り、ツボやポイントを刺激します。

 爪の際には内臓と繋がる経絡のツボが集まっています。内臓に活力を与えます。

指の付け根のポイントに親指などでしっかりとアクティブクリームを入れます。

 八風ツボ(指の付け根):胃や肝臓などのツボ、血圧、冷え。

足の指や甲
足の経絡(気の流れ)
  •  脾経(親指内側):飲食物の消化吸収機能。冷え、足のむくみのポイント。
  •  肝経(親指外側):精神活動、血液の調整機能。月経異常、筋肉、関節、目。
  •  胆経(薬指):決断力、行動力。胆のうの働き。
  •  膀胱経(小指):膀胱の働き。腰、背中と関係。
外くるぶしから足の外側

外くるぶしから足の外側

外くるぶしから足の外側のラインに沿って手でつかむようにしてマッサージをします。

足の外側に流れる経絡にアクティブクリームを入れて、活力をあげます。

  •  胃経(脛):胃の働きを高める、エネルギーアップのライン。
  •  胆経(脛より外側筋肉の溝):足の疲れ、腰や坐骨神経痛を緩めるライン。
膝回りや膝下

膝回りや膝下

膝回りや膝下のポイントを指などでツボ押しします。

  •  膝回りのツボ:膝の疲れや膝のトラブルの予防などに。
  •  足三里(膝下外側のツボ):元気、活力、養生ポイント。
ふくらはぎ

ふくらはぎ

ふくらはぎ全体をアクティブクリームでもみほぐします。

足の疲れを取ったり、体全体の血流を良くします。

臀部や腰、骨盤など

臀部や腰、骨盤など

臀部や腰、骨盤などにアクティブクリームを入れながらマッサージします。

全体の活力を上げる、また腰回りの硬さや緊張を和らげるケアに。

  •  臀部:大転子(足から繋がる骨)や坐骨(座ると当たる骨)周りをよくほぐします。坐骨神経や腰の疲れなどに。
  •  骨盤:骨際に入れてマッサージします。骨盤のバランスを整えます。
  •  腰 :腰の骨際に入れてマッサージします。腎兪や志室ツボ:腰痛、活力のポイント。
背中

背中

ストレスによる慢性的な筋肉の疲れや緊張をほぐして、全体の活力をあげるケアです。

自分自身はできないので、ご家族などに手伝ってもらってください。

  • 1.背骨と背中の筋肉にクリームをラインを作るように流し落とします。
  • 2.サランラップを当てて、タオルを置いて、その上にホットウィートなどを置いて20分程温めます。
  • 3.ホットウィートとサランラップを取って、クリームを背中全体に塗り込みます。
ホットウィート
肩や首

肩や首

肩や首が疲れた時に、アクティブクリームを塗りこんでマッサージします。

肩や首

肩や首の疲れを取るケア

腕の外側にクリームを塗りこんで、ラインに沿ってマッサージします。

  •  二の腕のツボ:臑会(じゅえ):肩のこり、五十肩、腕の疲れ。
  •  首のツボ:天鼎(てんてい):肩や首のコリ、寝違え。

アクティブクリーム

心身の疲労を回復し、いきいきとしたエネルギーが満ちるクリーム。

アクティブクリームに配合された5種類のエッセンスが経絡や経穴(ツボ)、チャクラに働きかけて、疲れをリリースしてリフレッシュします。

アクティブクリームに含まれている花の種類

メンジーズ・バンクシア メンジーズ・バンクシア 過去を乗り越える勇気
アルシニア アルシニア コミュニケーション、協調、家庭生活の融和
ダンピエラ ダンピエラ 柔軟・オープン・協力、解き放つ
ジェラルトン・ワックス ジェラルトン・ワックス 免疫、芯の強さ
パープル・フラッグ パープル・フラッグ くつろぎ、プレッシャーからの解放
ホップス・ブッシュ ホップス・ブッシュ 柔軟・オープン・協力