ジャナーク・ジャパンはオーストラリアのリビングエッセンス社の正規輸入総代理店です。

トップ > ヒーリングとライフスタイルのコラム >車移動が多い人必見!「運転疲れ」のリフレッシュ方法


このエントリーをはてなブックマークに追加

車移動が多い人必見!「運転疲れ」のリフレッシュ方法

車移動が多い人必見!「運転疲れ」のリフレッシュ方法

長時間の運転は目や体に疲労が溜まり、運転の精度にも悪影響を与えてしまいます。
安全運転ができる状態を保つためには、疲れを早めにとることが大切です。
そこで、ここでは車移動が多い人に向けて「運転疲れ」の対策方法をご紹介します!

1.休憩をこまめにとる

疲労を感じたら、早めに休憩をとるようにしましょう。
休憩をとることで心身のリフレッシュができ、体に溜まった疲労物質を減らすことができます。
可能であれば、90分に1回は休憩をとることをおすすめします。

休憩中には水分や糖分など、体と脳のエネルギー源を補給しておきましょう。

2.簡単なストレッチをする

ストレッチをすると血行が良くなり、体の健康や判断能力を保つことができます。
サービスエリアなどがあれば、車外に出て全身のストレッチを行いましょう。

体を上に大きく伸ばし、膝の屈伸運動を行うと◎。
車外に出られない時は車内でバンザイをしたり、肩の上げ下げをするだけでも効果がありますよ。

3.疲れ目対策

目が疲れると前方がかすんで見えたり、標識を見逃してしまったりと、安全運転できない状態になってしまいます。
目の疲れを感じたら、できるだけ早く休憩をとるようにしましょう。

休憩中に冷たいタオルを当てたり、目薬を使うと効果的です。
また、目頭のくぼみには晴明(せいめい)というツボがあるので、親指と人差し指でつまむように刺激しましょう。

4.眠くなったら仮眠をとる

眠いと感じた時には、すでにかなりの疲労が蓄積しています。
いくらコーヒーを飲んだりガムを噛んでも、眠気を消すことは難しいものです。

この場合は休憩だけでなく、安全な場所に車を停めて仮眠をとるようにしましょう。
仮眠を取った後は全身のストレッチを行い、しっかりと目を覚ますことが大切です。

5.運転姿勢を正しく保つ

安眠に向いたパジャマ

こまめに疲れをとることも大切ですが、疲れを溜めない対策も取り入れましょう。
そのためにはまず、運転時の姿勢を正しく保つことが大切です。

シートに腰を押し当てるように深く座り、背もたれに背中を密着させましょう。
この状態だと体に負担がかからず、長時間の運転でも疲れにくくなります。

6.穏やかな運転を心がける

無理な車線変更や追い越しは神経を使うため、知らないうちに疲労が蓄積してしまいます。
できるだけ一定の速度で走り、車間距離を保って走りましょう。

また、時間に余裕がなくなるとイライラやストレスが溜まり、体も疲れてしまいます。
渋滞する時間を避けたり、早めに出発するなど、余裕のある運転計画を考えることが大切です。

運転の多い人は移動でも疲労が溜まりがちです。今回紹介したリフレッシュ方法を活かして疲れを溜め込まないようにしましょう。
また、「疲れたな」と感じる前に細かに休むようにするとよいでしょう。

ポイント:疲れ目・リフレッシュ・ストレッチ

【関連するフラワーエッセンス】
・疲れた体に元気が欲しいときに、リフレッシュのアクティブクリーム。
首にアクティブクリームをつけて、首をゆっくり回してリフレッシュしましょう。

首だけでなく肩や腕にも効果的です。肩につけたら、肩を上げ下げしたり、回すなどの運動が効果的です。
また、腕に付けてマッサージするように伸ばすことで、リフレッシュにつながります。

・疲れた目に安らぎを与える、スキンラスタークリーム
目が疲れてきたなと思ったら、ちょっと休憩しましょう。

まず、スキンラスタークリームを指にとり、指の腹をまぶたに優しく当てながらスキンラスタークリームを浸透させます。
そうすることで疲れている目がリラックスしますよ。

まぶたに塗ると同時に、おでこやこめかみなどにもスキンラスタークリームを優しく塗りこむと、いろいろ考えて疲れていた脳がリラックスし、落ち着いて運転を続けることができます。

http://www.janark.co.jp/html/page21.html#cream