ジャナーク・ジャパンはオーストラリアのリビングエッセンス社の正規輸入総代理店です。

トップ > ヒーリングとライフスタイルのコラム >副交感神経のコントロールでストレスフリーな生活を


このエントリーをはてなブックマークに追加

副交感神経のコントロールでストレスフリーな生活を

副交感神経のコントロールでストレスフリーな生活を

仕事、育児、近所付き合い、些細な生活面における不調。現代社会の中にはいたるところにストレスの種が潜んでいます。

ストレス対策としておすすめしたいのが副交感神経のコントロールです。
リラックスを司る副交感神経を自在に操ることができれば、ストレスが原因の不調も抑えられると言われています。

そこで今回は、副交感神経の詳細とコントロール方法についてご紹介します。

副交感神経が働くタイミング

副交感神経は休んだり眠ったりしているときなど、体や脳がリラックスしている場面で優位に活動し、主に体を回復させるための働きをします。
日常的な場面で言えば、「音楽を聞いているとき」「食事のあと」「入浴後」などのときに刺激されて優位になります。
皆さんも平日に昼食をとったあと、仕事中に眠くなってしまうという経験はありませんか?
それは副交感神経が働いているからなのです。

この副交感神経を意図的に働かせることで、日常の緊張や不安にさいなまれる場面でも落ち着いて行動できたり、仕事などで蓄積された疲れを解消できると考えられました。
副交感神経は日常的な行動によって簡単に刺激することができると言われています。

副交感神経を刺激する方法

副交感神経を刺激する方法

副交感神経を優位に活動させるには、以下のような行動を取りましょう。

1.質の良い睡眠をとる
睡眠下は副交感神経がもっとも優位になるときです。
このときにどれほど質の良い睡眠を取るかが重要になります。
早寝早起きを意識しつつ、質の良い睡眠をとるために寝る前に湯船につかったり、また少量のお酒もおすすめです。

2.少しぬる目の湯船につかる
湯船の温度は38〜40度ほどが良いと言われています。
ご自身が気持ちいいとリラックスしてのんびりとつかれる温度が一番効果的です。

3.適量のお酒を飲む
飲み過ぎさえしなければ、お酒は貴方の副交感神経を優位に働かせてくれます。
ちなみに適量とは、人にもよりますがビールで大瓶1本、日本酒で2合、ウィスキーはダブルで2杯程度が目安となります。

4.軽い運動とマッサージ
競技性をともなわない軽い運動やマッサージで筋肉を解しましょう。
筋肉を解すと副交感神経が優位に働きます。
大事なのは「自分のペースで楽しめること」です。

5.アロマオイルを使う
香りは脳を直接刺激して副交感神経を優位にし、リラックス効果が見込めます。
落ち着かないときや興奮したときは「フランキンセンス」「ローズウッド」「ラベンダー」などのアロマを嗅いでみると良いでしょう。

副交感神経の刺激にオススメ

リラクゼーションタイムをサポートするアイテムとして、乳液タイプのクリームの「Skin Lustre Cream 」と、半身浴やフットバスに最適なバス用エッセンスである「Release bath A 」をおすすめします。

「Skin Lustre Cream 」は仕事場に置いたり、鞄にいれて持ち運べば、緊張してしまうような大事な場面のまえにサッと顔や首に塗ることができます。
また、寝る前やお風呂上りに使えばリラックスした状態で質の良い眠りを得ることが出来ます。

さらにお風呂に入るときはバスタブに「Release bath A 」を入れてみましょう。
お風呂が難しければ、40〜45℃位のお湯による足浴でも効果があります。

とっさの場面でできるリラックス法

日常生活の中でも急なストレス下に見舞われることもあります。

そんなときは「爪の付け根(薬指以外)を強く揉む」「深呼吸をする」「笑う」などの行動で副交感神経を刺激することができるのです。
皆さんもぜひ、「Skin Lustre Cream 」や「Release bath A 」と一緒に試してみてはいかがでしょうか。